Skip to content

NEWS お知らせ

icon_red

STORY

田園地帯にある小さな温泉郷の恵み

「平らな山」と書いて「ひらやま」。
ここは、くまもと山鹿の奥座敷。

戦国武将の加藤清正公も訪れたと伝えられる温泉郷。

その昔、皮膚の病が大流行し、里の人々をとても苦しめました。
困り果てた里の人たちが、懸命に阿蘇大明神に祈りを捧げると、大きな音と共に天地が揺れ動き、高い山が裂け、深い谷を埋めて一夜のうちに平坦地が現れました。
この地から湧き出した熱いお湯を浴びると病はたちどころに治ったのです。
これが「平山」の由来ともいわれています。

肌に吸い付くようなヌルヌルとした感触が特徴のお湯で単純硫黄泉となる平山温泉の湯は古い角質を落とす効果が期待出来るため、「美肌の湯」と親しまれ多くの女性たちに人気の湯になっています。
平山の湯で作られた自然派化粧品や、豊かな自然が育む良質な土壌で育てられたお米など、平山温泉郷ならではの商品をお届けいたします。

icon_green

LINE UP

ひらやま温泉のオススメ商品

くまもと山鹿ひらやま温泉のロゴ

懐かしい里山の美肌湯

九州は、くまもと山鹿の奥座敷「平山温泉郷」。
朝は鳥たちのさえずりで目覚め、昼は光あふれる木漏れ陽の中で木々や草花を愛でながら散策し、夜見上げれば満点の星空が広がり、古代からの天空の浪漫が感じられます。
美しい里山景色の中には、その大自然の清らかな水脈を背景に地下からは「美肌の湯」と呼ばれる、柔らかなお湯が溢れています。
源泉かけ流しの美肌の湯を楽しめる旅館や家族湯など平山温泉の温泉施設は二十軒以上が点在し、皆様のお越しをお待ちしています。